Collaborative Platform in Research and Education
on Humanities and Social Sciences

Collaborative Platform in Research and Education
on Humanities and Social Sciences

study
This is a collaborative research committee that conducts interdisciplinary research that cannot be done within the discipline itself, while making use of the specialized fields of humanities, human environment, economics, and law.

研究コモンズの4つの指針はこちら

Event News!

7月31日開催

第10弾企画

棚田の教え:その成立基盤と持続可能性

を開催します

2021.06.24

ivent poster
クリックで拡大
-->

 日本各地をはじめ稲作を行う山間部の土地に広がる棚田と、それを取り巻く環境が、本シンポジウムの話題の中心になります。

 今回お招きする菊地氏は、1998年の人間環境学研究科設立以来,文理融合型の同組織において学際的な教育と研究を担い,今年3月に退職を迎えられました。伝統的な民家・集落から現代の集合住宅まで幅広く居住のあり方について研究され,近年は,それまで研究対象としてきた歴史文化的なストックをどう未来につなげるか、という課題に取り組んでおられます。

 その対象のひとつである「棚田」は、ここ20年ほどの間に景観の美しさで再評価されるようになりました。一方で,学術的にも歴史から環境問題まで多分野にまたがるテーマ性を秘めた興味深い対象でもあります。そんな棚田について,成立の謎や特異な形態をとる理由,一方で絶滅の危機にある棚田の現状となぜ棚田は保護される必要があるのか,さらに今後の持続可能性について,研究と実践を踏まえたお話をうかがいます。

詳細はこちら

Collaborative Platform in Research and Education on Humanities and Social Sciences
Kyushu University
  〒 819-0395 福岡市西区元岡744 イースト1号館