文系4学部副専攻プログラム

「深く」そして「広く」学び、大きな翼で世界に羽ばたこう!文系4学部副専攻プログラム、2018年4月 スタート!

なぜ文系か?
なぜ副専攻か?

メインテーマのイメージ

戦後の日本や世界の政治や経済を支えてきた枠組みが次々と崩れ不安定化し、知的混乱と動揺が世界全体に広がりつつあります。こうした不透明な現代社会において、私たちは一体全体、何を学び、それを個人や社会の未来にどう活かしていけばよいのでしょうか。こうした問いかけに対して、人文学・社会科学が果たすべき役割はますます大きくなっています。

とはいえ現代社会の新しい動きは、これまでと同じ学問的な枠組みや学び方では正しく把握できないかもしれません。そこで九州大学の文系4学部(文学部・教育学部・法学部・経済学部)は、それぞれの学問分野に蓄積された知的資産を相互に開放し体系的に提供する「文系4学部副専攻プログラム」を2018年4月に立ち上げました。既に文系の130名の学生が、学部の枠を超えてプログラムの履修を開始しています。

副専攻プログラムにより、九州大学の文系学部の学生は、自学部で学ぶ深い専門性に加え、学部の枠を超えた人文・社会科学分野の知的広がりを獲得することができます。

九州大学の文系学部で共に学び、大きくしなやかな翼で世界に羽ばたきましょう!

NEWS

一覧を見る